• ホーム
  • コンプライアンスの取り組み

コンプライアンスの取り組み

企業行動規範

「オリックスが目指す企業像」(誇り・信頼・尊敬)の精神を受けて、オリックスがこれからも長期的に誤りのないように、企業としての行動の規範を具体的にまとめたのが、企業行動規範です。

  1. お客さまの納得と満足を追求するとともに、社会的利益にかなう価値の創造・提供を行う。
  2. すべての法律・ルールの遵守とその精神を尊重し、公正かつ自由な競争を行う。
  3. 広く社会に適切な情報開示を行い、経営の透明性と健全性を確保する。
  4. 株主や金融市場に対し、適切な判断に資する情報提供を行うとともに、自らのガバナンス機能を適切に維持し、長期安定的な発展に努める。
  5. 従業員個人の人格、個性、生活を尊重するとともに資質向上と能力開発を最大化できる機会と環境を提供する。
  6. 事業活動を行う国・地域の文化・慣習の尊重と環境への配慮を行い、経済・社会の発展に貢献する。
  7. 社会から批判を浴びる反社会的な者や団体への関与を永遠に排除する。
  8. 政治・行政・司法などの公的機関やマスコミなどの社会的存在に対して、公正・透明な関係を堅持する。

反社会的勢力に対する基本方針

オリックスグループは、反社会的勢力からの関与を断固として拒絶し、これらの活動を助長するような行為は一切行わず、これらの勢力に対しては、会社をあげて毅然とした姿勢で対決することを基本方針とし、以下のとおり対応します。

  1. 反社会的勢力には、組織全体として対応し、反社会的勢力から従業員の安全を確保します。
  2. 反社会的勢力による被害を防止するため、外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
  3. 反社会的勢力とは、取引関係を含めて一切の関係を持ちません。反社会的勢力による不当要求は、これを拒絶します。
  4. 反社会的勢力による不当要求に対しては、必要に応じて民事と刑事の両面から法的対応を行います。
  5. 反社会的勢力との間の裏取引、および反社会的勢力に対する資金提供を行いません。

(最終更新日:2011.04.01)

↑ページトップに戻る